| BBS | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINKS | ARCHIVE | GALLERY |
TOTAL PV
呪怨 パンデミック
あとで読むはてなブックマーク - 呪怨 パンデミック | 2007年08月21日(火) | 6 | 2 | 記事編集
ハリウッドリメイク版【呪怨2】(と呼んでいいのか?)
呪怨 パンデミック
【呪怨 パンデミック】
早速鑑賞してきました☆

まずはストーリーから。。
東京。インターナショナル・スクールに通うアリソンは、クラスメートのヴァネッサとミユキに連れられ、幽霊屋敷として有名な住宅街の一軒家にやってくる。
その家ではかつて伽椰子という女性が夫に惨殺され、当時6歳だった伽椰子の息子、俊夫も行方不明のままだった。
やがて、少女たちの面白半分の悪ふざけはその家に宿った恐ろしい怨念を呼び覚ましてしまう…。

プロデューサー:サム・ライミ
        ロブ・タバート
        一瀬隆重
監督:清水崇
脚本:スティーブン・サスコ

キャスト:アンバー・タンブリン
     アリエル・ケベル
     ジェニファー・ピールス
     エディソン・チャン
     宇野実彩子
     サラ・ローマー
     サラ・ミシェル・ゲラー

【映画「呪怨 パンデミック」オフィシャルサイト】より引用

以下ひいろんの感想です☆
映画の感想を述べる前に一言…

実は、諸事情により【吹き替え版】を鑑賞しました。。
ご存知の方もいるとは思いますが、吹き替えを担当したのは
女性お笑い芸人の方々…
ハリセンボン・森三中・まちゃまちゃの6名。。
確かに話題作りにはなるんでしょうけど。。。
明らかにミスキャストでは????
っつ〜か、素人以下と言っても過言ではないほど下手なんです…

映画の内容云々より、その吹き替えのお陰で少々興ざめしてしまいました。。。

字幕版観てないので何とも言えませんが…
個人的意見としては。。。。
やっちまった感が否めません(^^;

特別上記お笑い芸人のファンではない方…っつ〜か、純粋に【呪怨】を楽しみたい方は字幕版を鑑賞するのがよろしいかと。。。


さて、本編映画の内容について…
この作品が…というより
ビデオ版〜劇場版〜ハリウッドリメイク版への流れの中で感じる事ですが。。

回を重ねる毎に大人しくなっている印象があります。。

良く言えば優等生…
悪く言えば面白みが薄れていってる…

って感じでしょうか。。。

あくまで個人的な意見ですが、【呪怨】の面白さってのはスピーディー且つノンストップで驚かせ・怖がらせるトコにあると思ってます。。
その売り(?)であるスピード感が無くなってきてるような気がします。。

ストーリーに深み(?)や理屈なんかを付け加えてしまったのが原因ではないかと…

今作品中で、今まで語られなかった伽椰子の幼少時代が明らかになるんですが。。。
それって…本当に必要だったのか??
少々疑問です。。。

っつ〜か、リングシリーズをご覧になった方は『おや?』と思われるかもしれません…爆

確かに伽椰子の登場シーンは新しい…というか斬新な部分もあって好感触ではあります。。。

っつ〜か呪怨シリーズの見せ場(個人的に…ですが)である伽椰子の階段降りが無かったのは残念です。。

っつ〜か、伽椰子の登場シーンが全体的にあっさりとした感じが…(^^;

俊夫くんの出番も少なかったですしね。。。

副題である【パンデミック(爆発感染)】について…
東京〜シカゴへと海を渡って伽椰子の怨念が感染…
なんですが、一軒のアパート内でのみの出来事におさまってしまった為にスケール感が感じられなかったのが少々残念でしたね。。。

ストーリー全体としては上手く組み立てられてる…というか、まとまってますが。。。


はたして呪怨シリーズを観る人がそれを求めているんでしょうか??


色々書いちゃいましたが…

これもひいろんが呪怨シリーズを愛するがあまり(…なのか?…爆)の酷評だと思っていただければ幸いであります(^^;

まぁ、ココ最近頻発しているホラー映画の中では充分に怖がらせてもらえる映画ではあるのは間違いないと思いますので。。。

ホラー映画好きなら是非♪


最後に…

清水崇監督がハリウッド版ではなく日本で【呪怨3】を作ってくれる事を切に願っております(いや、マヂで…爆)


[2007/02/23追記]
DVD発売されますね〜☆
※発売日: 2008/03/28
呪怨 パンデミック ディレクターズカット・スペシャル・エディション呪怨 パンデミック ディレクターズカット・スペシャル・エディション
サラ・ローマー エディソン・チャン ジェニファー・ビールス


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

話題の(?)日本語吹き替え版が本DVDに収録されるのか…
気になります…爆
2007年08月21日(火) 23:48 | 映画 > レビュー | 6 | 2 | 記事編集
  • 0

  • 0

  • 0

  • 0

  • 0
  • 0
  • コメント[6]
  • Facebookコメント[]
  • はてブコメント[]
  • Twitter[]
comment by: 八ちゃん
早速俊夫くんパーツ付けてみたよ。 爆
 
2007年08月22日(水) 01:49
comment by: ひいろん
[八ちゃん]
お♪
俊夫くんパーツ貼りましたか?
八ちゃんのトコは映画ブログなんでアリですが…
ひいろんのトコは…下手すると顰蹙(ひんしゅく)モンかもしれませんな
(^▽^;
 
2007年08月22日(水) 09:26
comment by: シイナ
観たいけど…やっぱり無理です陸
 
2007年08月24日(金) 15:41
comment by: ひいろん
[シイナさん]
いやぁ〜。。
無理して観るようなモンでもないですからね(^^;

今までの呪怨シリーズの中では抑えた感じですから大丈夫かも?
ですよ。。
 
2007年08月25日(土) 11:25
comment by: メビウス
ひいろんさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

ひいろんさんも吹き替え版の被害者・・・・自分と含めてご愁傷様でございます(汗
吉本女性芸人全員が下手でしたが、特に群を抜いていたのがまちゃまちゃですね。感情も何もあったもんじゃないですし、彼女の声を聞くたびスクリーンから目を離し気味になっていました。

でも呪怨シリーズもだんだん『リング』に似通ってきましたね。白い服も着てて、尚且つ母親が出てきちゃったりして気が付くと邦画の時の怖さが徐々に薄れていってる気もします。
 
2007年08月25日(土) 23:49
comment by: ひいろん
[メビウスさん]
吹き替え版の被害者…
続々と誕生してますね。。
ある意味パンデミック…爆

声優キャストについては。。。
話題性を狙っての起用が、大きく外しちゃいましたね。。
っつ〜か、アフレコ時に製作側も気付いていたのでは??…爆
まちゃまちゃ…声質は悪くないと思うんですけどねぇ。。


>でも呪怨シリーズもだんだん『リング』に似通ってきましたね。

ですねぇ〜。。
伽椰子の場合、あの家での惨劇が発端…
だったからこその怖さがあったハズなんですけど。。
過去は正直要らなかった気がしちゃうんですよね(^^;
 
2007年08月27日(月) 08:38
コメントする

icons:

 
トラックバック
よしなしごと
呪怨 パンデミック を観てきました。
 最近映画に行く頻度が減ってきました。と言うのは仕事が忙しくなくなったんです。普通、忙しくなくなると時間ができますが、僕の場合仕事が早く終わるとレイトショーまで時間が空きすぎる。ずっとレイトショー料金で観ていたので正規料金で観るのももったいないような気がして、それで回数が減ってきたのです。さて、そ...
2007年09月03日(月) 03:33
ぽとり映画
『The Grudge 2』
東京のインターナショナルスクールに通うアリソンは、クラスメイトのヴァネッサとミユキに連れられ、幽霊屋敷として有名なある一軒家にやってきた。そこはかつて佐伯伽椰子という女性が夫に惨殺され、その息子の俊雀ПBПB@
2007年09月23日(日) 19:16
ランキング参加中:応援(クリック)よろしくお願いします
  ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ王ランキングに参加中! .*:゚(・ω・人)゚:*.
【映画 > レビュー】の最新記事
FaceBookページ応援よろしくおねがいします〜(^▽^
  • SEOブログパーツ
ひいろん
  • 【ひいろん】
  • 性別:おっさん
  • 住所:静岡県
  • 愛車:RX-8