<< 2017年10月 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
| BBS | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINKS | ARCHIVE | GALLERY |
イニシエーション・ラブ
最後から二行目の衝撃…

4167732017イニシエーション・ラブ (文春文庫)
乾 くるみ
文藝春秋 2007-04-10

by G-Tools

某お笑い芸人が某番組でお薦め書籍としてプレゼンした翌日から一気にブレイクし…
映画化までされてしまった作品って事で
前々から気にはなっていながら
なかなか読む機会がなかったんですが…

先日の神奈川出張の際、新幹線移動のお供にって事で手に取ってみました。。

僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて…。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説―と思いきや、最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。
【Amazon.jpより引用】
以下、ひいろんの感想です。
続きを読む
続きを読む>>
| 日記 > 書籍 | 0 | 0 |
終末のフール
【あと3年で世界が終わるなら、何をしますか。】

4087748030終末のフール
伊坂 幸太郎
集英社 2006-03

by G-Tools


ひいろんの好きな作家、伊坂 幸太郎さんの連作短編集です。

かなり前に購入したままになってたのを今になってやっと読みました…爆汗

以下、ひいろんの感想です☆
続きを読む
続きを読む>>
| 日記 > 書籍 | 0 | 1 |
陰日向に咲く
陰日向に咲く陰日向に咲く
劇団ひとり


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

出張の新幹線移動の時間潰しに…って感じで手に取った本…
『劇団ひとり』が書いた本って以外の予備知識無しで読んでみました。。

ちなみに著者のファンってわけではありません…
好きか?と言われると好きではなく…
大嫌いか?と言われるとそれほどでもない…
じゃ、普通か?と言われると…
う〜ん…
ネタは嫌いぢゃないけど、人間性はイマイチ(爆)


そんな先入観を持っているひいろんが思わず…


『面白い!』と思える内容でした(^^


いや…マヂで。。。。

以下ひいろんの感想です。。
続きを読む
続きを読む>>
| 日記 > 書籍 | 4 | 0 |
明日の記憶
4334924468明日の記憶
荻原 浩
光文社 2004-10-20

by G-Tools

続きを読む
続きを読む>>
| 日記 > 書籍 | 0 | 2 |
ハッピーバースデー
ハッピーバースデー【ハッピーバースデー】
著者:青木 和雄・吉富 多美

ちょいと前に読んだ本です…

『85万人が涙した物語』
〜純愛小説で泣けなかったあなたへ〜

なんてキャッチコピーに惹かれて読みました。。

実の母親に愛してもらえず、誕生日さえ忘れられてしまった11歳の少女・あすかは、声を失ってしまう。
しかし、優しい祖父母の元で自然の営みに触れ、「いのち」の意味を学ぶ。生まれかわったあすかがどんな行動を起こすのか。
そして、母親の愛は戻って来るのか…リアルな展開に、5頁に一度は、涙が噴き出る物語。
【Amazon.co.jpより引用】


以下ひいろんの感想です。。
続きを読む
続きを読む>>
| 日記 > 書籍 | 3 | 0 |
慟哭
慟哭【慟哭】
ここん所、県外への出張が多く。。

東名高速道路の集中工事のおかげで新幹線&電車移動の日々なひいろんです(^^;

っつ〜事で(?)こんな長編小説でも読めちゃいました…爆

連続する幼女誘事件の捜査が難航し、窮地に立たされる捜査一課長。若手キャリアの課長を巡って警察内部に不協和音が生じ、マスコミは彼の私生活をすっぱ抜く。こうした状況にあって、事態は新しい局面を迎えるが……。
なんだかタイムリーな感じもしますが…
作品自体は1993年のモノです。

以下感想です。。
続きを読む
続きを読む>>
| 日記 > 書籍 | 0 | 0 |
ラッシュライフ
4106027704ラッシュライフ (新潮ミステリー倶楽部)
伊坂 幸太郎
新潮社 2002-07

by G-Tools


ハードカバーの表紙…

ひいろんの大好きな画家、騙し絵で有名なエッシャーの絵です。。

その絵に惹かれて苦手な長編小説ながら思わず購入して読みましたが…

いやぁ〜☆
面白かったです♪

・世の中の事は、金さえあればどうにでもなると思い込んでる傲慢な画商
・独自のこだわりを持ち続けている泥棒
・信教宗教にハマっている男
・不倫の末、互いの配偶者の殺害計画を練る男女
・会社からリストラされ、路頭に迷う男

これらの登場人物が織り成す5つの物語…
一見なんの接点も無いように展開されていくんですが、読み進めていくウチに、それらが一つになっていく様の描き方は見事です♪
まさに、表紙に描かれたエッシャーの絵の様に…
小説ならでは…のトリックもあって、なかなかに楽しめます☆

トリックも面白いですが、それぞれの登場人物も魅力的に描かれており、より物語に輝き(?)を増しています♪

個人的には『泥棒の豊田』が好きですねぇ〜(^▽^
泥棒なんですけど、その独自のポリシーみたいなモノに人間的な魅力を感じちゃったりして…爆

ミステリー小説が好きな方にはオススメです♪
続きを読む
| 日記 > 書籍 | 0 | 0 |
ひいろん
  • 【ひいろん】
  • 性別:おっさん
  • 住所:静岡県
  • 愛車:RX-8

Back to Top